HUAWEI Watch GT-2を購入した理由について

スポンサーリンク

スマートウォッチは何にするか、HUAWEI Watch GT-2を購入するか、迷っている人の参考になればと記事にしてみました。

やはりランナーはGPSの付いた腕時計でランニングをする。

その結果をSNSでみんなに報告する。

走ることに重要なものが、沢山詰まっているGPSウォッチです。

ランニング日記を書いているような感覚になるのが、GPSウォッチとスマホアプリです。

ランニングする人に続けことの楽しみを教えるグッツなのです。

それでは、どれを買う?

悩んだ末に私が選んだものは、

HUAWEI WATCH GT-2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スペック

大きさ・・45.9mm×45.9mm×10.7mm

重量・・41g

防水・・5ATM

バッテリー・・通常使用で14日間・GPS作動で30時間

測位・・GPS、GLONSS対応

センサー類・・加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、装着検知センサー

充実の機能

デザイン

AMOLEDディスプレイを搭載しているので、とても見やすくて美しい画面。

ウォッチフェイスを選択してカスタマイズできる。(標準で13種類)
※Android端末であれば沢山のフェイス画面をダウンロードできる。

その日の気分に合わせて色やスタイルを変えることができる。

バッテリー

革新的なバッテリー性能を持っている。

低電力消費システムによってロングバッテリーを実現、バッテリーの持ちが他社を圧倒しています。

心拍数モニタon、通常使用で2週間バッテリーが持ちます。
連続GPS使用、心拍数モニタonで30時間バッテリーが持ちます。

音楽も聴ける

Androidスマホにダウンロードされた曲をGT-2に転送し、Bluetoothのイヤホンにて聴くことができる。

コンパス

画面全体がコンパスになる優れもの

スマホを探す

GT-2のウォッチがあれば、ボタン一つでスマホ📱から音が流れ、「アイムヒヤー」とスマホが音を出し、スマホの在り処が分かります。

スポーツシーンのおすすめ

より正確な測位

GPS及びGLONSSを使用することでより正確な位置を測定できる。たどるルートだけではなく高度まで計測できる。

リアルタイム心拍数モニタリング

通常時、運動時、水泳時、睡眠時どんな時でも、一日中リアルタイムに心拍数のモニタリングをし続ける。

ワークアウト機能の充実

ランニング、ウォーキング、サイクリング、プール、ハイキング、トレイルラン、トライアスロンなど様々なシーンで、必要に応じたワークアウトの記録が取れる。

ワークアウトの種類は15種類+85種類のカスタマイズがある。

パーソナルワークアウトの充実

さまざまなランニングシーンにおいて目標に合わせた内容を抜粋「持続力向上」や「体重を減らす」などの様々なレベルに対応してトレーニング方法を提案する。

エリプティカル

スポーツクラブやジムにある様々なフィットネスマシンにも対応していて、リアルタイムに心拍数、消費カロリー、トレーニングの長さを推積する。

VO2MAXの表示

VO2max は、漸増運動中に測定される酸素消費の最大速度です。 VO2max の消費量は運動パフォーマンスにおける心肺機能と持久力を反映しています。

回復時間の表示

運動後の体力が完全に回復するまでに必要な時間を表示する。

まとめ

まだまだ紹介していない沢山の機能があります。

実物を使ってみてわかる機能ばかりです。

このGT-2のバッテリーの持ちは他社と比較ならないくらい良いです。

ワークアウトもランニングだけではなく、沢山のスポーツに使用することができるのが面白い。

そして何より、カラーで綺麗、見やすいです。

やはりつけていて、お気に入りの一品があればやる気が出ます。

GPSランニングウォッチで自分のタイムを縮めてみませんか?

セットアップしてみよう

文字盤を変更しよう

ワークアウトに出かけよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました