男には年に数回、肉を腹一杯に食べたい時がある。inいきなりステーキ

スポンサーリンク

男性ホルモンのバランスの崩れなのか?

ストレス症候群からくる欲求なのか?

自己満足へ導く、マストアイテムなのかはわからないが

男には、年に数回、自己の欲求を満たすために、腹一杯に肉を喰らう瞬間がある。

そんな、私が向かった先は、いきなりステーキ成田飯仲店さんです。

今日はステーキを食べるぞー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ランチメニュー

いきなりステーキさんは、毎日がランチメニューです。

今日の私は、ただただ大量の肉を喰らいたいので、ワイルドステーキ450gを選択しました。

ステーキとハンバーグのコンボもあり、目移りするメニューです。

実食

注文して、まずやってきたのはサラダとスープです。

ドレッシングは3種類あります。ペッパーバルサミコいきなり

全部試してみて、私の好みは、いきなりドレッシングです。

野菜の旨味を美味しくいただけるドレッシングだと思います。

そして、待つこと数分、メインディッシュの到着です。

迫力が違います。

ソースをかけて、『ジュー!』という音と香りを店内中に撒き散らす。

THE Shaw Timeの始まりです。

そして、私は一心不乱に肉を頬張る。

全国肉肉ファンの皆様、アップ画像を用意しました。

尚も、私は一心不乱に肉を頬張る。

油身がオッサンにはジャブのように効いてきます。

そこで、飽きてきた頃に味変をする。

甘口ソースに、わさび、マスタード、オリーブ油、タバスコ、塩、胡椒など、自分の好みに味変ができます。

※甘口ソースは、なかなか旨いですから試してみて下さい。

肉ときどきライスを繰り返し、ただ腹を満たしていく。

大盛りのライスに、付け合わせのインゲンやコーンを肉と一緒に味わう、まさに最高の休日の出来上がりです。

あとは、一心不乱に肉を頬張る。

そして、ワイルドステーキ450gの完食です。

ごちそうさまでした。

まとめ

450gのステーキが税抜き1850円は安いです。

サーロインステーキの300gが税抜き4400円ですから1/2以下なのです。

しかし、安いには安い理由があるのです。

食べてみて分かりました。

油身が多いです。場所によってはガム状態で飲み込むのに時間が掛かります。

ワイルドステーキは300gくらいがちょうどいいです。

やはり、肉の醍醐味はしっかりした赤身と程よい油身が良いです。

あと、肉を食ってどうかは、その人の満足度だと思います。

男には年数回、目一杯に肉を食べたい時がある。

そんな欲求を満たせるような記事を私は書いていきたい。

\国産の美味しいお肉です/

コメント

タイトルとURLをコピーしました